【お知らせ|南浦和】企業主導型保育事業(内閣府)による助成決定

2018.01.1

このたび、彩の調こども園は内閣府「企業主導型保育事業」の助成決定を受けましたことをお知らせいたします。

 

この制度は、保護者の方の就労、または保育を必要とする事情を前提とし、一定の基準を上回る認可外保育所の整備・運営費について政府が助成を行うものです。

 

これまで彩の調こども園は、漢字教育や外部講師による日替わりのお稽古(習い事)など特長ある保育カリキュラムを提供するため、認可外保育所として設立・運営して参りました。

 

企業主導型保育事業のもとでは、彩の調こども園の従来の教育方針や保育カリキュラムを変えることなく、ご利用されるご家庭の保育料を引き下げることが可能となることからこの制度への移行を決定いたしました。

 

彩の調こども園では、今後も、お子様が「安全に・安心して過ごせる保育環境」と「学び、成長する教育機会」を提供することで、子どもたちの健やかな成長を支え、社会の発展に寄与して参ります。

 

今後とも彩の調こども園をよろしくお願いいたします。

 

※参考資料

企業主導型保育事業の概要(内閣府)

企業主導型保育事業パンフレット(内閣府)

 


 

1.当園をご利用いただけるご家庭

 

企業主導型保育事業では、厚生年金保険適用事業所が負担する「子ども・子育て拠出金」が財源として充てられています。

 

そのため、施設を利用できるご家庭は、原則として、厚生年金保険適用事業所にお勤めで、ご勤務先から企業主導型保育事業の利用について申込みのあったご家庭(以下、「従業員枠」という)となります。

 

なお、当園の従業員枠利用にあたっては、まずは当園にご興味をお持ちいただいた保護者の方に説明会等の機会にご来園いただき、制度の内容をご説明いたします。

 

その後、入園のお申込みの際に保護者の方のご勤務先に当園の担当者よりご説明・ご相談をさせていただき、ご入園されるご家庭分の従業員枠の契約を締結しています。

 

また、総定員数のうち半数までは従業員枠をご利用できないご家庭(制度上、「地域枠」という)のお子様にご利用いただくことができます。

 

具体的なご利用要件につきましては、お問い合わせページから当園までお問い合わせください。

 


 

2.平成30年度 期中での園児募集の状況

 

9/11時点の定員の空き状況は次のとおりです。

0歳児クラス  :満員

1歳児クラス  :満員

2歳児クラス  :満員

3歳児以上クラス:若干名

————

3歳児以上クラスへのご入園をご希望のご家庭は本サイトの お問い合わせフォーム よりお知らせください。

お問い合わせの際は以下の内容をお知らせください。

①お子様のご氏名、ご生年月日

②保育園をお探しの状況

 

カテゴリー一覧

月別アーカイブ